老後の趣味を見つけよう

老後(ろうご)とは、定年退職してから、死亡するまでの老年期を指す。

趣味を生かした悠々自適の生活をする、というのは、理想である。

多くは、職場でしか人間関係を持たなかった人々が、突然その関係を断ち切られるわけだから、
何をしていいか分からなく場合が少なくない。

また、家族に先立たれ、独居老人になる人々も存在する。

2008年以降、団塊の世代が老後を迎える。

大量の定年退職者が出ることで、下の世代にとっては就職の道が拡大する。

が、団塊の世代は、職場でのみ人間関係を築いて来た人が多く、
地域社会に戻ると言っても、かなりの困難がある。

中華人民共和国からは、団塊の世代を対象に、
日本語教師として招請しようという動きがあるようだ。

また、特殊な使用例にはなるが、若さを売り物にした芸能人が、
旬を過ぎた後の人生を、老後と呼ぶ事もある。

この他、使用する者によっては多分に揶揄も含まれる場合があるが、
商品価値、つまりは被写体としての肉体のピークを過ぎたグラビアアイドルを指す事もある。(出典:Wikipedia)